ウォータスとは?


便器の中を常に水が流れる「循環リサイクル方式」を採用。上下水道が無く、排水できない場所でも設置が可能な水洗トイレです。水を外部に一切放出しないので、周辺環境を保全します。
通常の汲み取り式トイレに比べて、およそ5~10分の1という汲み取り回数で済みます。
排泄物をバクテリアにより分解させて、その水が洗浄水として循環します。衛生的で限りなく無臭に近いトイレ空間を実現しています。また、移動が容易なので災害時などに活躍します。
ウォータスの多くは土木工事現場で使用されています。また公園や駐車場など、排水が困難な場所にも設置されています。最近では登山道の入口や山小屋、畑や農場など、
いままでトイレが設置困難だった場所に広く導入されています。
バイオトイレウォータス設置事例図


国土交通省の定める「快適トイレ」事例集に掲載の商品です!


ウォータスは2016年9月に国交省が発表した「快適トイレ事例集」に掲載されています。

「快適トイレ」に求める標準仕様
(1)洋式便座
(2)水洗機能
(3)臭い逆流防止機能
(4)容易に開かない施錠機能(二重ロック)
(5)照明設備(家庭用電源、電池式両用)
(6)衣類掛け等のフック付き

「快適トイレ」として活用するために備える付属品(オプション)
(7)男女別の明確な表示
(8)入口の目隠し設置(竹製のたて簾)
(9)サニタリーボックス
(10)鏡付きの洗面台
(11)便座除菌シート

その他、推奨する仕様として下記があります。
・擬音装置(標準装備)
・窓あり
・トイレットペーパー予備置き場あり

詳しい資料は下記PDFをご参照ください。

 ⇒ 資料PDFダウンロード 「快適トイレ ウォータスPE製」
 ⇒ 資料PDFダウンロード 「快適トイレ ウォータス木製」

 ⇒資料PDFダウンロード「(7)~(11)を満たす付属品の資料」

全国500台以上、レンタル稼働中!

ウォータスは特許取得品で、国土交通省の新技術の認定(NETIS)を受けています。イメージアップ推奨品(現場用仮設トイレ)として500台以上が土木工事現場へレンタル設置されています。(平成28年2月現在)
リピート率が9割以上!

ウォータスをレンタル導入した企業が、再度ウォータスをレンタルする割合は9割以上です。その理由の1番は、なんといっても「臭わない」こと。また国土交通省の方針として、建設現場の環境改善の取り組み(平成27年より)が行われており、今後、増加・活躍が期待される、現場の女性技術者に喜ばれるウォータスを導入する企業が増えているという時代背景もあります。
なぜ臭わないの?

通常の汲み取り式トイレは、室内上部から排気するため、室内がどうしても臭います。ウォータスはベンチレーター(換気扇)で気流を作り、便器から下部タンクを通って排気するため、室内は限りなく無臭な状態となります。


便器内は常に水が流れており、排泄物はすぐに流されて衛生的です。汚水は下部タンク内の6層に渡る分離質を流れる間にバクテリアによって分解され、臭いがなくなります。室外においても、通常の汲み取り式トイレに比べて、臭いは大幅に軽減されています。
レンタル・購入いずれも可能です

ウォータスの多くは、国土交通省の土木工事でレンタルされています。一部、一般施設や公共施設などで購入・設置がされています。ご利用の状況に応じて、レンタルと購入をお選びいただけます。
河川敷設置が可能!

ウォータスは河川法対応型商品となっていますので、河川敷の工事現場にも設置が可能となっています。